離婚調停を行う

調停で話し合いを始める

離婚をする際にお互いに話が平行線で決着が付かない場合には、弁護士に離婚相談をすることが大切です。 離婚相談をすれば、弁護士が話し合いの場を離婚調停という形で設けてくれます。 一般的には、離婚の際に話し合いで解決することができなければ裁判という流れが主流となっています。 しかし、裁判をすると親権や養育費の問題で必ず問題が生じることになるため円滑に進めたいのならば離婚調停をまず行うほうが良いのです。 離婚調停は、裁判と異なって強制的に相手の権利を奪う場所ではなく話し合いとお互いの同意によって決着をつける場所です。 そのため、離婚調停で納得できなかった場合に初めて裁判をすれば良いのです。 離婚相談をするときには、スムーズに親権や養育費の問題を片付けることが先決です。

お互いに非のない場合もある

離婚相談で離婚をするときには、どちらか一方に夫婦関係の破綻の原因となるものがあることが多いです。 しかし、中には長年連れ添ってきた夫婦が突然夫婦関係を終了させることもあります。 実際、近年になってから熟年離婚が急増している背景があるのです。 こうした離婚の原因は、突発的などちらかの原因によって離婚が決まるわけではなく長年の鬱憤が積もった形の決着です。 この場合、長期的な原因を物理的な証拠によって証明することは難しくお互いに非のない決着で離婚が成立することがほとんどです。 年を重ねると親権や財産分与の問題は大した問題ではなくなり、一人の時間が欲しいという理由で離婚相談をする人も増えています。 そのため、時代に合った離婚の形が進められているのです。