悩みに応じて

どういった悩みを抱えているのかで、相談場所が異なります

もしかしたら、パートナーが不倫をしているかもしれない。それは、とても辛い事ですよね。ですが、思い切って離婚をして、新しい人生を歩みたいと思う人もいるでしょう。このような悩みを抱えている場合には、離婚相談をする事が大切になってきます。ですが、どういった悩みを抱えているのかで、相談場所が異なってくるというのをご存知ですか。離婚をして、相手からきちんと慰謝料を貰いたいと思っている人は、どのような手続きをしなくてはいけないのかというのも含めまして、弁護士に相談をする必要が出てきます。ですが、まだ確実な証拠が集まっていないといった場合には、探偵に離婚相談をして、しっかりとした証拠を集める必要があるのです。このように、相談場所が異なってきますので、きちんと見極めた上で行動をするようにしましょう。

相手が離婚に同意してくれない場合は、どうすれば良いのか

また、離婚をしたいと話をしても、どうしてもパートナーが同意をしてくれないという事もあります。そういった場合には、弁護士に相談をして、最悪の場合、裁判を起こさなくてはいけません。裁判の話となりますと、当然ですが知識が必要になってきます。ですので、個人の話し合いでは、どうしても離婚をする事が出来ないといった場合には、直ぐに弁護士に相談をする事をおすすめ致します。ですが、一般的にはいきなり裁判をして、訴訟をするという事はありません。まずは交渉をして、本当に離婚に応じてくれないのか、何故応じてくれないのかといった理由を、第三者を通して確認をします。その上で、どうしても離婚に応じてくれないという事であれば、裁判になるのです。