慰謝料の相場

慰謝料の相場額について

 芸能人が離婚する際に、数億円の慰謝料が支払われたなどとワイドショーで取り沙汰されることがありますが、ごく普通の人の離婚でそこまで高額の慰謝料が支払われるようなことはまずありません。たとえ慰謝料請求訴訟を起こしたとしても、被告である有責配偶者が普通のサラリーマンであるならば、せいぜい数百万円の支払いが命じられるのが関の山です。現実的なことを考えると、200〜300万円前後の慰謝料が支払われることになるケースがほとんどで、1000万円を超えるようなケースは滅多にありません。もちろん、有責配偶者が高収入を得ており十分な支払い能力があるという場合には話が違ってきます。しかし、実際には雀の涙程度の金額しか受け取ることができないケースが多いので、そのことも考慮した上で離婚を考えてみるようにすることをおすすめします。

口約束だけで済ませる人が減りました

 調停や裁判を経て離婚や慰謝料額が決められたという場合であれば、その調停調書や判決書が債務名義になりますので、確実に慰謝料を取ることができます。しかし、当事者間の話し合いで協議離婚したような場合には、注意する必要があります。なぜかというと、話し合いの席で慰謝料を支払うと約束していた有責配偶者が、その後にお金を支払ってくれなくなってしまうケースがとても多いためです。口約束はもちろんのこと、念書のようなものを作成していたとしても、それに基づいて強制執行をかけるようなことはできません。そのため、最近では、協議離婚をする場合でも、弁護士のサポートを受けて、離婚合意書を公正証書にしておく人が多くなってきました。公正証書にしておけば、万が一不払いが起きても、確実に慰謝料を取り立てることができます。