TOPICS

離婚調停を行う

離婚相談を行った場合、裁判よりまず離婚調停を行う方法が取られることもあります。親権や養育費の問題等を第三者を挟んで話し合うことで、お互い同意することができます。調停で納得しない場合は裁判になります。

 Read More

CONTENTS

慰謝料の相場

慰謝料は普通のサラリーマンの場合、数百万円の支払いが命じられることがあります。調停や裁判で離婚や慰謝料額が決められた場合、確実に慰謝料を取ることが可能です。口約束や念書だけでは効果がない場合があります。

 Read More

悩みに応じて

悩みに応じて弁護士によって得意分野というものがあります。離婚相談を行う場合、離婚問題を主に取り扱っている弁護士に相談することが大切です。弁護士に相談した場合最初は交渉を行ない後で裁判になります。

 Read More

債務整理の方法

気軽に申し込みを行なうことができるようになっているので離婚相談を東京で依頼するならこちらからとなっています。

当人同士では解決が難しい相続は相模原で相談することが出来ますよ。法律の専門家に対応してもらうようにしましょう。

債務整理と離婚は同時進行できるのでしょうか

債務整理とは借金を整理する方法の総称です。債務整理の方法には、自己破産、個人再生、任意整理、過払い金請求などがあげれられます。 自分の力だけでは、どうしても返済が不可能な時にこれらの方法を使って解決します。借金がすべて消滅する自己破産、借金を減額して支払う個人再生と任意整理、払いすぎた利息の返還を求める過払い金請求などさまざまですが、債務者が直接債権者と交渉することは難しいので弁護士などに依頼するほうがいいでしょう。 債務整理だけでも大変ですが、同時に離婚を考えているなら余程作戦を立てて臨まないといけないでしょう。慰謝料、養育費がもらえないばかりか、住宅ローンなどの連帯保証人になっていた場合には支払義務が発生します。専門家に離婚相談することで、こういった不利益を被らないですむかもしれません。 離婚相談は必要不可欠です。

専門家からの冷静な意見を聞いてみましょう

離婚相談をするなら弁護士など法律の専門家に依頼するのが一番でしょう。まずは現状を把握してもらうために借金の状況がわかるものを揃えてください。住宅ローンがあるならローン返済がわかるものや登記簿謄本があるといいでしょう。住宅ローンを抱えたまま夫が自己破産した場合は住宅を失います。妻が連帯保証人の場合、妻に支払いが回ってきます。これは離婚したからと言って免れることは出来ません。任意整理の場合は住宅ローン以外の借金を大幅に減額できます。それにより住宅ローンを支払い続けることが可能になるでしょう。しかしローンの名義が夫である場合、夫が家を出て行き妻が住み続けることを債権者は承諾しない可能性が高いです。 又、子供の養育費は破産手続きをしても受け取ることは可能ですが、慰謝料は受け取れない可能性が高いでしょう。 このように債務整理と離婚は複雑に絡みあっているので専門家のアドバイスが不可欠です。初回の離婚相談は無料で行っているところもありますので、利用してみてはいかがでしょうか。

CONTENTS

交通事故の慰謝料

交通事故の被害にあった場合、加害者側に慰謝料を請求することができます。とくに、むちうち等様々な後遺症が発症した場合、治療する必要があるので治療費の請求を行うことが可能です。

 Read More

借金の相談

借金問題を抱えている場合、一人では解決できないようなこともあります。そのような場合専門家に相談をすることで、現在抱えている問題を解消できます。他にも今後同じ問題で苦しまないようなアドバイスが行われます。

 Read More